ビジネスマンに人気 基礎知識 全ての記事

退職前にクレジットカードを作るべき?審査にどう影響するかなど徹底解説!

退職をしてしまうとクレジットカードの審査に通らなくなってしまうのではないかと心配になる方も多くいるかと思います。

今回はそのような方々に向けて退職する前にクレジットカードを作るべきかどうか、審査にどう影響するのかを徹底解説いたします。

退職者は審査基準においてどういう扱いになるか

退職をこれからする方や、退職をすでにしている方がこれから

クレジットカード審査に申し込もうとしている場合。

クレジットカード会社からどういった扱いになるのか気になりますよね。

審査対応について説明していきたいと思います。

退職後転職先が決まっていない方

これは無職ということになるのでこのような方が新たにクレジットカードを作ろうとしても審査に通ることは難しいです。

前の勤務先を記入してもカード会社にすぐにばれてしまいますのでそのようなことはやめましょう。

退職後も次の転職先が決まっている方

転職先の雇用契約書や見込みの収入を示す書類などがあれば審査に通る可能性もあります。

ですがこの場合はネットでの申し込みではなく郵送などでの申し込みをおススメします。

ネットでの申し込みは自動審査が多いためこのような場合は、審査落ちしてしまう可能性があります

書類などが手元にある場合はなるべく人の手を介して申し込みをしましょう。

不安な方は実際に勤務が始まってから改めて申し込むことをおススメします。

定年退職をして年金生活になる方

収入が年金だけという理由で審査に落ちることはありません。

実際に年金証書や年金振込通知書があれば申し込めるカード会社もありますし、申込時にも職業欄には「年金受給者」という項目もあります。

年金受給者の方の場合でも一般の方と同じように年金を含む収入や生活費を考慮して、クレジットカードの利用代金の支払い能力があるかどうかを審査します。

ですがやはり一般の方に比べると審査が厳しくなっているのも事実です

ですのでまずは作りたいクレジットカード会社が年金収入のみで申し込みが可能かどうかご自身で調べてから申し込むことをおススメします。

マミ
60歳以上の方はクレジットカードを持つのは難しいことになるんですね。
ユキト先生
いや、そうとは限りませんよ。

60歳以上でもクレジットカードの審査に通るの?

クレジットカードの審査は年齢が上がれば上がるほど難しくなることは事実です

ですが60歳以上だというだけの理由で審査に落とされることはありません。

審査に通るかどうかはその人によって様々で注意するべきポイントに気をつければ難しい審査に通る可能性も高くなってきます。

60歳以上の方が審査に通るにはどのようなことに注意すればよいか詳しく解説していきます。

一番重要なのは良いクレヒス(信用情報)があること

クレジットカードの審査で最も大切なことは、個人の信用情報機関で管理されているクレヒスに問題がないということが重要になってきます。

クレヒスというのは過去にご自身が利用してきたクレジットカードやローンの契約や利用履歴のことで、この情報はすべてのカード会社で共有されていてどのカード会社で申し込んだ場合でもこのクレヒスをもとに審査をします。

良好なクレヒスというのは、クレジットカードの利用頻度が高くカードやローンの返済もきちんと行っており延滞などの問題がないことを意味します。

それとは逆に支払いの返済が遅れてしまっていたり過去に金融事故などを起こしてブラックリストに入ってしまっていたりすると審査に通ることが難しくなります。

クレヒスが真っ白な方は要注意

60歳以上の方で特に気をつけた方がいいのは今までにクレジットカードも作ったことがなくローンも組んだことがないクレヒスが全くない状態。

いわゆるスーパーホワイトと呼ばれる状態です。

高齢の方がスーパーホワイトの状態だとカード会社が審査をする際返済能力を見極める判断材料がないため審査に通ることが難しくなってきます

若い方であればクレヒスがない方も多いためそこまで問題にはなりませんが年齢を重ねるほどクレジットカードの審査にはクレヒスが重要になってきます。

会社員の方は審査に通りやすい

近年では定年の引き上げもあり60歳を過ぎても定職に就いている方も多くいるかと思います。

会社員の方は安定した収入が見込めるため60歳以上の方でも審査に通りやすくなります

ですが個人事業主として働いている方の場合は正社員の方より収入が不安定だとみなされて審査に落ちる可能性も高くなります。

十分な収入を得ていて経営が安定且つ事業年数が長い場合はその限りではありません。

退職前にクレジットカードは作っておこう

退職の前後でも審査対応がかなり違ってくることをお話ししていきました。

退職後にクレジットカードの審査が厳しくなるお話はしてきたように

一番は会社勤めの状態の方がクレジットカードを申し込むことで審査に通りやすくなるので、

退職前にクレジットカードは作っておきましょう!

では審査でもそこまでハードルは高くない、年会費やポイント、サービス特典など総合的に優秀なクレジットカードを紹介していきたいと思います。

クレジットカード 1位JCB CARD W plus L

2位 楽天カード

3位 三井住友カード
デビュープラス

年会費  永年無料 永年無料 初年度無料
国際ブランド JCB VISA、MasterCard、JCB、American Express VISA
ポイント還元率 1%〜5.5% 1%〜15% 1%〜3.0%
電子マネー
特徴 国内・海外利用時はポイント2倍
(入会後3ヶ月間は4倍)!
楽天で利用すると3.0%の還元率! ポイントいつでも2倍!

JCB CARD W /JCB CARD W plus L

年会費無料なのに高還元率の最強クレカ!

■ 国内・海外利用時はポイント2倍(入会後3ヶ月間は4倍)!

■ 海外旅行保険利用付帯(最高2000万円)!

■ 公共料金の支払い可能な種類最多!

■ インターネットショッピング不正利用の保証制度あり!

申し込み条件:18歳以上39歳以下(高校生不可)

このJCB  CARD W plus Lは39歳までの入会となっていますが、入会すれば39歳を超えても利用が可能となっています。

ポイントも高還元なところもおすすめの一つなんですが、ポイントが貯まると魅力ある商品と交換することができます!

JCBならではのディズニーパークチケットやホテル宿泊券に交換できたり

ダイソンの商品もラインアップされています!

他にも家電や食品、商品券などの交換が行えます。

その中で私が一番よく利用しているのはJCBギフト券です。

欲しい商品がなかったり、あったとしてもポイントにとどかなったりした場合

幅広く利用できるJCBギフトカードへの交換はかなりおすすめです。

そして女性であればおすすめしたいのがピンクバージョンのJCB  CARD W plus L

女性に向けてピンク色で可愛らしいデザインになっています。

内容も女性に嬉しい疾病保険や、「お守りリンダ」という保険がオプションでつけることが可能です。

保険の面でも充実していて、公共料金の支払いなども支払い可能な種類が幅広いです!

光熱費の全ての支払いはもちろんのこと、放送料金・国民年金保険や家賃も支払いが可能です。

支払いを1本化できますし、普通に生活するならJCB CARD W1枚のみあれば事足りてしまいます。

メインカードとして使えるかなり優秀なカードと言えるでしょう。

国際ブランド JCB
 

 

年会費

初年度 無料
翌年以降
家族カード
ETCカード
発行スピード 最短3営業日発行・約1週間でお届け
 

 

ポイント還元率


 

還元率

・基本還元率は1.0%(Oki Dokiポイント)

Oki Dokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍(還元率は10.5%)

マイル 0.6%(ANA・JAL)
JCBオリジナルシリーズパートナー 1.5%以上
マイレージ ANAマイル、JALマイル、デルタマイレージ
提供サービス

・他のポイント交換可能(楽天ポイント・nanaco・WAON・Tポイント・楽天Edyなど)

・ポイントをマイルに交換可  ・Apple Pay対応

特典 LINDAリーグ(女性向け優待)、お守りリンダ(保険)、JCBプラザ、空港免税店割引サービス、JCB空港優待ガイド、チケットJCB、ディズニー関連の特典など
旅行保険

海外 最高2,000万円(利用付帯)
国内 なし
保険(有料) 女性向け疾病保険(最低保険料290円)

「お守リンダ(月額30円〜)」女性疾病保険、天災限定傷害、犯罪被害補償、傷害入院保障

付帯保険・補償 JCBプラザコールセンター、JCB紛失・盗難海外サポート、ショッピングガード保険、J/Secureワンタイムパスワード、不正利用の保証、盗難された際の補償など

JCB CARD W /plus L公式サイトはこちら

楽天カード

楽天ユーザーなら絶対お得!とにかくポイントが貯まる圧倒的な人気を誇るクレカ

■楽天市場の買い物はポイント3倍!キャンペーンも含めると10倍以上の高還元

■年会費無料で海外旅行保険も利用付帯!

■ディズニーデザインやお買い物パンダデザインが選べる!

申し込み条件:高校生を除く18歳以上の学生の方

楽天カードはとにかくポイントが貯まりやすいと評判の人気のクレジットカードになっています。

基本的な還元率は1.0%と高い水準ですが、楽天市場での利用になると還元率は3.0%と大幅に上がります

国際ブランドも4ブランド選べて豊富で、審査も易しく主婦や学生、フリーターの方でも通りやすいと言われています。

貯まったポイントはANAマイルに交換することができます。

楽天スーパーポイントからANAマイルへ交換する
マイル還元率 0.5%
交換レート 楽天:2ポイント→ANA:1マイル
単位 2ポイント
交換上限(1日1回まで) 1日1,000ポイント、1ヶ月20,000ポイント
交換までの期間 約1週間

と上記のようなルールになります。

交換レートが0.5%ですが楽天スーパーポイントが6%の際には実質3%という高還元になり

マイルを貯めたい方にも嬉しい機能になります。

国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB、American Express
 

 

年会費

 

初年度 無料
翌年以降
家族カード
ETCカード 500円
発行スピード 最短3営業日で発行可能
 

 

ポイント還元率


 

還元率

楽天スーパーポイント:基本還元率1%
・SPU適用で最大15%還元
・楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど10%以上還元も可
マイル 0.5%(楽天スーパーポイント2ポイントをANAマイレージクラブの1マイルに交換が可能)
マイレージ ANAマイル
提供サービス

ポイントを他のポイントに交換可(楽天Edy)、ポイントをANAマイルに交換可、電子マネーチャージ可(nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA※楽天Edy以外はポイントが貯まりません)、電子マネー付帯(楽天Edy)、ポイントカード付帯(楽天ポイントカード)、Apple Pay対応

特典 楽天グループ優待サービス、楽天カードラウンジ
旅行保険

海外 最高2,000万円(利用付帯)
国内 なし
保険(有料)
付帯保険・補償 不正利用探知システム、本人認証サービス、ネット不正あんしん制度、商品未着あんしん制度、カード盗難保険

楽天カード公式サイトはこちら

三井住友VISAカード

安心で信頼の置ける人気定番カード!

■年会初年度無料!条件により2年目以降も無料!

■知名度の高いステータスカード!

■海外の旅行保険、買い物安心保険が充実している!

■有名ホテル、レストランなどの会員限定サービスや優待がついている!

申し込み条件:高校生を除く18歳以上の学生の方

国内で知られているクレジットカードの中でも認知度が高く不動の人気を誇っています

旅行保険や多数の特典があり、VISAという国際ブランドも様々なシーンで活用できます。

年会費も条件を満たせば無料になります。

三井住友クレジットカードは通常の”三井住友カード”と”三井住友クレジットカードA”があります。

三井住友クレジットカードAの方が年会費が250円高いのですがその分海外旅行保険の分充実した内容になっています。

ちなみに女性向けにアミティエカードという存在もあり、女性の方にはこちらをおすすめします。

通常のクラシックカードと内容や年会費の条件ほとんど同じです。

違う点としては携帯電話・PHS利用料金の支払いでポイント2倍(還元率1%)になり、海外旅行保険がアミティエカードの方が500万になります。

女性ならアミティエカードの方をおすすめします

三井住友アミティエカードの公式サイトはこちら

国際ブランド VISA
 

 

年会費

初年度 無料
翌年以降

1,250円

※「マイ・ペイすリボ」登録、または年一回以上のカード利用により無料

※学生は無料

家族カード 有料
ETCカード 無料

(年一回以上の利用で次年度は無料)

発行スピード 最短3営業日で発行可能
 

 

ポイント還元率


 

還元率

基本還元0.5%(ワールドプレゼントポイント)

ワールドプレゼントポイント:基本還元率0.5%
・ポイントUPモール経由のネットショッピングでポイント最大20倍(還元率10%)
・ココイコ対象店で最大18倍(還元率9%)
・プレミアムポイント加盟店で最大20倍(還元率10%)

マイル還元率 0.3%(最大)
マイレージ ANAマイル
提供サービス

ポイントを他のポイントに交換可(楽天ポイント、nanaco、WAON、Tポイント、Pontaポイント、ヨドバシカメラのポイントなど)、ポイントをANA、シンガポール航空、アリタリア-イタリア航空マイルに交換可、電子マネー付帯(iD、PiTaPa、WAON)、三井住友銀聯カード発行可・Apple Pay対応

特典 VJトラベルデスク、エア&ホテル ダイナミックパッケージ、GlobePass、チケット優待、会員限定イベントなど
旅行保険

海外 最高300万円(自動付帯)、最高1,700万円(利用付帯)※賠償責任:最高2,000万円
国内 最高300万円(自動付帯)、最高1,700万円(利用付帯)
保険(有料)
付帯保険・補償 VJデスク、顔写真付きのカード、バーチャルカード、お買物安心保険、不正利用や盗難された際の補償

三井住友クレジットカード公式サイトはこちら

ユキト先生
どのカードも年会費を抑えられて審査ハードルもそこまで高くなく、人気のカードになっています。
マミ
でももし定年退職をした時にクレジットカードを作りたくなった場合は・・・落ちてしまうということですね。
ユキト先生
いえ、そうとは限りません。60歳以上でも審査に通る場合をお話ししていきましょう。

60歳以上の方がクレジットカードの審査に通るコツ

60歳以上の方でもクレジットカードを申し込むことは可能ですが審査に通りづらいのも事実です。

そこでこちらではさらに審査に通りやすくなるコツをご紹介いたします。

申し込みの際はキャッシングサービスには申し込まない

クレジットカードの申し込みの際にはキャッシング機能というものをつけることができます。

このキャッシング機能とは、決められた上限の金額をATMで借りられるサービスの事です。

年金で生活している方の場合や収入が低い方の場合はこのキャッシング機能をつけてしまうと、返済能力を疑われ審査に落ちやすくなりますし審査項目も増え審査に時間もかかります

審査に通りやすくするためにはこのキャッシング機能はつけないことをおススメします

クレジットカードを作った後からでもキャッシング機能の申し込みはできるので、どうしてもキャッシング機能をつけたいという方は審査に通った後から申し込んでみてもいいと思います。

一度に複数のカードには申し込まない

クレジットカードを申し込む際一度にいくつものカード会社に申し込んでしまうと、審査に落ちてしまいます

これは多重申し込みと呼ばれ、年齢にかかわらず絶対にしてはいけません

多重申し込みをするとそれが原因で「申し込みブラック」という状態になってしまい、その情報が個人の信用情報機関に登録されてしまいます。

この情報は6か月間登録され、その間はクレジットカードに申し込むことができなくなってしまいます。

そのため、審査に落ちる不安があったとしてもクレジットカードの申し込みは1枚ずつにしましょう。

シニア向けのクレジットカードに申し込む

クレジットカードには色々な種類がありますが、その中でも60歳以上の方に向けたシニア向けのクレジットカードも存在します。

カード会社によって特徴は様々ですが、カードの申し込み対象年齢が60歳以上に設定されているため一般のクレジットカードよりも遥かに審査に通る可能性が高くなります

ですので60歳以上のかたで新たにクレジットカードを作ろうと考えている方はこちらにカードに申し込んでみても良いかもしれません。

イオンカードセレクト(G.Gマーク付き)

よくイオンに行くなら持っていたいカード!

■年会費永年無料!

■イオン系列の店舗はいつでもポイント2

■お客様感謝デー(20・30日)+G.G感謝デー(15日)はお買い物代金5%OFF

■G.Gマーク付カード限定で毎月15日は5%OFF

申し込み条件:55歳以上の方(年金受給者も可能)

このカードは55歳以上の方が申し込めるカードになっていて、年金受給者の方も申し込みが可能です。

イオンカードセレクトは年会費無料で持てます。

イオンカードにG.Gマークがつくことで、イオンカードの特典にプラスしてG.Gマーク限定の特典が追加されます。

全国のイオングループ系列のお店で、毎月15日にイオンカード(G.Gマーク付)で買い物をすると5%OFFになります

ポイント還元率は0.5%ですが、イオン系列の店舗だとポイントはいつでも2倍です。

また毎月20・30日の客様感謝デーでは衣料品、食料品、暮らしの品が5%OFFです。(タバコや商品券など除外品もあります)

またイオンに入っている映画館、イオンシネマでは映画料金がいつでも300円引きです!

このようにイオン銀行が発行しているだけあってイオンに特化した特典がたくさん受けられますので

イオンによく行く方には絶対持っていてほしいカードです

国際ブランド JCB
 

 

年会費

初年度  

 

無料

翌年以降
家族カード
ETCカード
発行スピード 約1週間
 

 

ポイント還元率


 

還元率

ときめきポイント 基本0.5%

イオン系列での利用で1%

マイル WAONポイント→MIポイント→ビックポイント→JRキューポ→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルの移行で交換が可能
マイレージ ANAマイル
提供サービス

・他のポイント交換可能(楽天ポイント・nanaco・WAON・Tポイント・楽天Edyなど)

・ポイントをマイルに交換可  ・電子マネー(WAON)機能あり ・Apple Pay、楽天ペイ対応

・公共料金の支払い1件につき毎月5ポイント貯まる ・G.Gマーク付カード限定で毎月15日は5%OFF

特典 WAONのオートチャージ機能、公共料金の支払いでポイント付与、給与口座指定でポイント付与
旅行保険

海外 最高2,000万円(利用付帯)
国内 なし
保険(有料)
付帯保険・補償 ショッピングセーフティ保険

イオンカードセレクト(GGマーク付き) 公式サイトはこちら

まとめ

退職をしてからクレジットカードを作ろうと思うとやはり審査に通りにくくなるのは確かです。

カード会社は審査の際は契約者の支払い能力を審査しています。

そのためこの先退職の予定がある方もそうでない方もクレジットカードを作りたいと思っているなら、早めに申し込みをしておくことをおススメします。

当サイトおすすめクレジットカードランキング

 

私自身3枚全て持っていて自信を持っておすすめできます!
どれも選んでもハズレがないクレジットカード

クレジットカード 1位JCB CARD W

2位 SPGカード


3位 楽天カード

年会費  永年無料 31,000円(税抜) 永年無料
国際ブランド JCB American Expres VISA、MasterCard、JCB、American Express
ポイント還元率 1%〜5.5% 100円=3ポイント(3ポイント=1マイル) 1%〜15%
電子マネー
特徴 国内・海外利用時はポイント2倍
(入会後3ヶ月間は4倍)!
更新時無料宿泊券GET!
ポイント永久不滅!
楽天で利用すると
3.0%の還元率!
公式サイト JCB CARD W
公式サイトはこちら
SPGカード
公式サイトはこちら
楽天カード
公式サイトはこちら

 

 

 

-ビジネスマンに人気, 基礎知識, 全ての記事

© 2022 クレジットカード攻略.com