基礎知識 全ての記事

クレジットカードを強制解約される理由!復活はできるの?

結論から言うと強制解約されたクレジットカードを復活させるのは難しいです。

日常の中でカードを使おうとしたら「知らない間に強制解約されていてエラーが出て使えなかった。」というケースは良くあるみたいです。

さて、クレジットカードの強制解約はどのような原因で起きるのか。

原因を知っておくことである日突然強制解約されることを防ぐことができます。

今回はクレジットカードが強制解約されないために詳しく解説していきます。

クレジットカードが強制解約になる原因3つ

正常にクレジットカードを使っている分には強制解約されることはありません。

ではどのような原因で強制解約されるのでしょうか?

主な3つの原因をまとめてみました。

個人の信用情報に問題があった場合

クレジットカードに申し込む際の審査では信用情報に問題がなかったとしても、その後信用情報に変化があった場合強制解約される可能性があります。

カード会社は個人の信用情報のチェックを定期的に行っており、キャッシングがある場合は1カ月から3カ月に一度チェックをしています。

その際、クレジットカードやローンの支払いの遅延をしてしまったり、借り入れの制限を超えてしまったりすると

個人の信用情報が書き換えられカードが強制解約される原因になります。

クレジットカードの利用料金を長期にわたって延滞している場合

カード料金を延滞してしまうと強制解約される原因になります

しかし、支払を少し遅れた程度ですぐに強制解約されるとは限りません。

強制解約される前にまずカードの利用停止措置が行われ、支払いの催促が始まります。

その催促を無視して支払いを放置しているとカードが強制解約されてしまいます。

支払いの催促が着た時点できちんと対応すれば利用の停止は解除されます。

延滞期間が61日を経過すると長期延滞扱いになりそれが個人の信用情報に記録されてしまい

クレジットカードの新規の発行などが難しくなってしまうので注意しましょう。

不正行為が発覚した場合

クレジットカードの不正利用が発覚した場合にも強制解約の対象になります。

クレジットカードの現金化などがそれにあたります。

クレジットカードのショッピング枠を利用してブランド品や新幹線の回数券、金券などを大量購入したり短時間の間に同じ店舗で繰り返し購入などするとクレジットカードが一時的に利用停止になる可能性があります。

ユキト先生
現金化されたと疑いをかけられると強制解約につながってしまう恐れがあります。

その場合はカード会社に連絡して納得してもらえれば、カードの利用も再開されるため問題ありません。

しかし、何度もそのような状況でカードの利用停止が繰り返されたり、カード会社の忠告や催促を無視すると突然カードを強制解約される可能性があります。

強制解約からの復活は難しい

クレジットカードを一度解約されてしまうと、その後同じ会社に申し込んだとしても審査に通ることはほとんどありません

信用情報機関の情報保持の期間は5年とされていますが、その5年を過ぎた後でも会社の記録で

強制解約された記録が残っていますので、審査に通るのは難しいと言われています。

他のクレジットカードなら審査に通る?

使用していたカード会社に対して長期延滞などが理由で強制解約になってしまった場合、

マミ
他のカード会社へ申し込めばいいじゃん!

と思う方も多いと思います。

ですが強制解約後の信用情報に傷がついていると審査に落ちる可能性は大です。

それなら一度確認したい!と思う方もいらっしゃるかと思います。

一度CICから信用情報を取り寄せてみて内容を確認してみるのも良いかもしれません

取り寄せ方法に関して下記のページを参考にしてみてください。

喪明け初のクレジットカード審査で落ちた?2chの口コミとオススメのクレジットカード!

クレジットカードを強制解約させないために

クレジットカードを強制解約されると不便な上に様々な弊害が出てしまいます。

要因が分かっていれば強制解約を避けることができるかもしれません。

強制解約される要因

確実とは言えませんが、強制解約になりやすい方には共通点があるようです。

その共通点とは”属性の低い人”です。

属性の低い人とは一体どんな方なのか挙げてみます。

・正社員ではない

・所得が低い

・水商売の方

・アルバイトやパート

・主婦(主夫)、学生

このような方は”支払不能のリスクが高い人”という風に見られてしまいます。

現にクレジットカードを持っている状況で、毎月しっかり支払っていても

一度でも支払い遅延を起こしてしまうと、その時点で強制解約になる恐れがあります。

銀行系や審査が厳しいとされるクレジットカードは最初の時点で審査落ちしてしまう場合が多いですが

流通系など審査が易しいクレジットカード会社などでは通る可能性が高いです。

上記に記されている状況に身に当てはまる場合は注意しておく必要があります。

強制解約を避ける手段

注意しておくべきとお話ししましたが、一体何を注意すればいいのかわからない方も多いかと思います。

強制解約を避ける手段として2つの方法をご紹介したいと思います。

支払いが遅れそうになったらクレジットカード会社に連絡する

クレジットカードの支払いが遅れてしまいそうな場合には必ずカード会社に連絡して支払いの相談をしてください。

カード会社に支払う意思があることを伝えることによって、支払いの期日について相談に乗ってもらえることがあります。

連絡することに不安がある方が多いかと思いますが、それよりも連絡をせずに支払いを滞納してしまう方がもっと大変な目に遭うことになります

クレジットカード会社からの電話・通達を無視しない

クレジットカードの支払いを滞納すると、カード会社から連絡が来たり督促状が届きます。

この連絡や通達は絶対に無視してはいけません

無視するとカード会社からはこの人は支払う意思がないと認識され、強制解約される可能性がもっと高くなります。

万が一支払いを滞納してしまってもカード会社からの連絡や通達は無視せずに、きちんと連絡してこちらに支払う意思があることを伝えましょう。

ユキト先生
とにかく支払日にしっかりと支払う。不正利用はしないことを心がけておけば強制解約にはなりません。

強制解約された後にやるべきこと

クレジットカードが強制解約されてしまうとそのカードを復活させるのは不可能なので諦めるしかありません。

そこでクレジットカードが強制解約されてしまった方はこれからご紹介する内容を参考にしてみてください。

解約されたカードで登録していた支払い方法を変更する

強制解約されたクレジットカードで公共料金や携帯電話料金などの支払いを行っていた場合は、すぐに別のクレジットカードに変更するか支払い方法を変更しましょう

そのまま放置してしまうと支払いの処理ができず、催促の電話がかかってきたりコンテンツの利用が制限されてしまうことがあります。

他に気をつけた方がいいのは、携帯電話の支払いと本体の料金を分割払いにしている場合です。

長期間支払いを滞納してしまうと個人の信用情報に傷がついてしまうので早めに手続きを済ませましょう。

別のクレジットカードやデビットカードを用意する

強制解約されたクレジットカードは二度と使えないので上記の通り、別のクレジットカードやデビットカードを用意することをおススメします。

ただし強制解約によって個人の信用情報に傷がついてしまった場合は、新規でクレジットカードを発行することが難しくなっています。

既に持っているカードがあったとしても更新時などの再審査の際に問題があると判断されれば、また強制解約になる可能性もあります。

ですので、審査が不要で誰でも発行できるデビットカードを持っておくことをおススメします。

利用方法もクレジットカードと大差ないため一枚持っておくだけでも便利です。

マミ
強制解約されたらクレジットカードはもう諦めた方がいいんですね・・・。
ユキト先生
強制解約された場合審査には通りにくくなるので、クレジットカードを2枚持っておくといいですね。 ですが個人情報に傷がついたとしても審査に通る場合があるようですよ。

強制解約されても審査に通る可能性のあるクレジットカード

強制解約をされたブラックの方でも通るカードがありました。

それは楽天カードです。

ツィッターでもこんな声がありました。

楽天カードが審査に通りやすいとは自信を持って言えませんが

実際に強制解約をされた方でも審査に通る可能性はあるということです。

楽天カード

楽天ユーザーなら絶対お得!とにかくポイントが貯まる圧倒的な人気を誇るクレカ

■楽天市場の買い物はポイント3倍!キャンペーンも含めると10倍以上の高還元

■年会費無料で海外旅行保険も利用付帯!

■ディズニーデザインやお買い物パンダデザインが選べる!

申し込み条件:高校生を除く18歳以上の学生の方

楽天カードはとにかくポイントが貯まりやすいと評判の人気のクレジットカードになっています。

基本的な還元率は1.0%と高い水準ですが、楽天市場での利用になると還元率は3.0%と大幅に上がります

国際ブランドも4ブランド選べて豊富で、審査も易しく主婦や学生、フリーターの方でも通りやすいと言われています。

貯まったポイントはANAマイルに交換することができます。

楽天スーパーポイントからANAマイルへ交換する
マイル還元率 0.5%
交換レート 楽天:2ポイント→ANA:1マイル
単位 2ポイント
交換上限(1日1回まで) 1日1,000ポイント、1ヶ月20,000ポイント
交換までの期間 約1週間

と上記のようなルールになります。

交換レートが0.5%ですが楽天スーパーポイントが6%の際には実質3%という高還元になり

マイルを貯めたい方にも嬉しい機能になります。

国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB、American Express
 

 

年会費

 

初年度 無料
翌年以降
家族カード
ETCカード 500円
発行スピード 最短3営業日で発行可能
 

 

ポイント還元率


 

還元率

楽天スーパーポイント:基本還元率1%
・SPU適用で最大15%還元
・楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど10%以上還元も可
マイル 0.5%(楽天スーパーポイント2ポイントをANAマイレージクラブの1マイルに交換が可能)
マイレージ ANAマイル
提供サービス

ポイントを他のポイントに交換可(楽天Edy)、ポイントをANAマイルに交換可、電子マネーチャージ可(nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA※楽天Edy以外はポイントが貯まりません)、電子マネー付帯(楽天Edy)、ポイントカード付帯(楽天ポイントカード)、Apple Pay対応

特典 楽天グループ優待サービス、楽天カードラウンジ
旅行保険

海外 最高2,000万円(利用付帯)
国内 なし
保険(有料)
付帯保険・補償 不正利用探知システム、本人認証サービス、ネット不正あんしん制度、商品未着あんしん制度、カード盗難保険

楽天カード公式サイトはこちら

審査なしのデビットカードもおすすめ

デビットカードは後払いのクレジットカードと違い、利用時に銀行口座から即時に利用額が引き落とされます。

支払いの延滞を疑われることがないので申し込みの審査が不要で喪中の方でもクレジットカードの代用品として持つことができます

もちろん銀行口座の残高以上の金額は使えませんが、VISAカードやJCBカードといった国際ブランドのカードが持てます。

デビットカード の中では楽天銀行デビットカード が使いやすいのでオススメです。

国際ブランド VISA / JCB / MasterCard
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%~3.00%
入会条件 16歳以上で学生や主婦の方でも可

楽天銀行に普通預金口座開設が必要(ビジネス口座は不可)

家族カード 取り扱いなし
ETCカード 550円(税込)
交換可能マイル ANAマイル
付帯保険 盗難保険
スマホ決済 Google Pay、楽天ペイ

楽天銀行デビッドカードの申し込みはこちら

まとめ

クレジットカードを強制解約されてしまうと再び利用することはできなくなります。

そうなるとクレジットカードが使えないだけでなく個人の信用情報にも傷がついて今後ローンを組んだりするのも困難になります。

そうならないためにも料金の滞納などはぜずに正しいご利用方法でクレジットカードを使いましょう。

当サイトおすすめクレジットカードランキング

 

私自身3枚全て持っていて自信を持っておすすめできます!
どれも選んでもハズレがないクレジットカード

クレジットカード 1位JCB CARD W

2位 SPGカード


3位 楽天カード

年会費  永年無料 31,000円(税抜) 永年無料
国際ブランド JCB American Expres VISA、MasterCard、JCB、American Express
ポイント還元率 1%〜5.5% 100円=3ポイント(3ポイント=1マイル) 1%〜15%
電子マネー
特徴 国内・海外利用時はポイント2倍
(入会後3ヶ月間は4倍)!
更新時無料宿泊券GET!
ポイント永久不滅!
楽天で利用すると
3.0%の還元率!
公式サイト JCB CARD W
公式サイトはこちら
SPGカード
公式サイトはこちら
楽天カード
公式サイトはこちら

 

 

 

-基礎知識, 全ての記事

© 2022 クレジットカード攻略.com