基礎知識 全ての記事

クレジットカードが更新拒否されたワケとその対処法を解説します!

クレジットカードには必ず更新手続きが必要になります。

更新手続きはほとんどの場合、その期間前に自動更新され後日

自宅に新しいカードが届くようになっています。

ですがその自動更新が拒否されてしまうことがあるのをご存知でしょうか。

また実際更新拒否されてしまった場合、どうしたらいいのか

どうしたらいいのか対処法は知っておくとその時にすぐに対処できますので、是非参考にしてみてください。

クレジットカード更新拒否される理由とは?

基本的にクレジットカードを規定通り使っていれば更新されないなんてことはありません。

そのためカードが更新されない理由は、利用者に何らかの問題がある可能性が高いです。

主な理由として以下のものがあります。

ポイント

・安定した収入がなくなった

・カードの支払いの延滞があった

・利用規約に違反した

・カードの保険を不正に利用していた

・債務整理をした

・カードの不自然な使い方をしている

この項目について詳しく説明していきましょう。

・安定した収入がなくなった

カードの申し込み時にはきちんと職に就いていて安定した収入があったとしても、その後に仕事を辞めて無職になったり、結婚などで専業主婦になったりして収入がなくなった場合カードが更新されないことがあります。

カード会社は途上与信といって定期的に利用者の情報を確認し再審査をすることがあるので、ご自身が発信しなくともカード会社に伝わってしまう可能性があります。

ですがそうなった場合でも支払いをきちんとできている場合には、継続してカードが使えるところがほとんどです。

・カードの支払いの延滞があった

更新が拒否される理由として一番多いのが、支払いの延滞についてです。

一度の延滞で更新拒否をされる可能性は低いですが、何度も延滞を繰り返していると、強制解約の可能性が高まりそうなれば再度そのクレジットカードに申し込むことはできなくなってしまうので注意しましょう。

また、カードを複数枚持ってしたとしてその中の一枚の支払いを延滞している場合も、更新時の審査によってカード会社に知られてしまい他のカードの更新もできなくなてしまうことがあるので注意しましょう。

・利用規約に違反した

クレジットカードに利は用規約が存在します。

当たり前のことですがこの利用規約に違反してしまうと、更新拒否されることは間違いありません

それどころかブラックリストに入れられクレジットカード自体を作れなくなってしまう場合があります。

・カードの保険を不正に利用していた

クレジットカードにはショッピング保険や盗難・紛失保険などの保険が付帯しているものがあります。

その補償を受けるため不正な使い方をしてカードを解約させられる場合があります

さらには法的手段をとられ罰則を受ける可能性もありますので絶対にやめましょう。

・債務整理をした

債務整理とは借金などを減額するために取る法的手段のことで、債務整理をすると個人の信用情報機関に記録が残り、そうなった場合は基本的に5年から10年は新たにクレジットカードを作ることができなくなります

カード会社はきちんと支払いをしてくれる方を対象にしているので、その力がない人にはカードを使い続けられると困るのです。

そのため債務整理をすると更新どころではなくなり、カード自体が使えなくなってしまいます

これらのような不貞行為があった場合、自動更新はされずに強制解約になる可能性が高いです。利用規約に沿った正しい使い方をしましょう。

・カードの不自然な使い方をしている

一つのクレジットカードに申し込みをすると、その記録は約6カ月間個人の信用情報機関に残ります。

この6ヶ月間の間に他のクレジットカードに申しこむとカード会社から、お金に困っているのではないかと不審に思われます

さらに複数枚のクレジットカードでショッピング枠や、キャッシング枠を限度額ぎりぎりまで使っていたりする場合も同様です。

カード会社はお客様との信用でお金を立て替えているので、支払い能力がなさそうだと思われる人に対してはカードの更新にも影響があり更新拒否される可能性も高くなります

マミ
更新拒否されてしまう項目って結構多いんですね。
ユキト先生
普通に利用していれば更新拒否されることは滅多にありませんから、安心してください。

一度更新拒否されると変更はできない

一度更新拒否をされるとその後から支払いができると連絡をしたとしても更新拒否の結果は覆ることはありません。

更新拒否をされると新たにカードに申し込むことも困難になってきます。

なので絶対にそのようなことが起こらないよう正しい利用方法を心がけてください。

使っていないと更新されない?

レジットカードを一切使っていない場合でも更新がされない場合もあります

このようなことが起こるのは主に年会費が無料のクレジットカードです。

年会費無料のカードは、決済手数料や広告などで利益を得ているのですが、カードを使わない利用者がいると赤字になりやすくそのような人は更新がされない場合もあります。

そのような方は更新期限の前に何度かクレジットカードを利用することをおすすめします

自動更新が基本

クレジットカードは基本的には有効期限が近づくと自動的に更新されます。

自動更新なのでご自身で更新手続きなどをする必要がなく、期限が近くなると新しいカードが勝手にご自宅に郵送されてきます。

ご自身の手元に新しいカードが届いた時点で古いカードは処分してしまって構いません

古いカードは期限まで使うことができますが、セキュリティの問題などを考えると早めに処分しておくことをおすすめします。

処分の仕方はこちらの記事を参考にしてみてください!

クレジットカードを処分するには燃やすのが良い?正しい捨て方を解説!

 

住所が変わっている場合には注意しましょう。

クレジットカードは基本的に自動更新なので更新日が近づくとご自宅に新しいカードが郵送されてきます。

引っ越しなどをして登録時の住所に変更があったとき、変更手続きを済ませていないと前の住所に新しいカードが届いてしまいカードが更新されないと勘違いしてしまう方もいるかと思います。

更新日直前に変更手続きをしていたとしても、新しいカードは更新日の約一カ月前にはご自宅に届きます。

そのため住所が変更されたらできるだけ早くカード会社に連絡をとり更新に備えましょう。

有効期限がある理由

クレジットカードに有効期限がある理由は主に2つあります。

ひとつはカード本体の経年劣化です。

カードを長く利用していると磁気ストライプが弱くなったりカード自体が破損したりする場合があります。

そのためにも定期的にカードを取り換える必要があります。

もうひとつは途上与信です。

途上与信とはカード利用者の情報を確認して再審査をすることをいいます。

クレジットカードの有効期限はほとんどの場合5年ほどですが、入会時から5年もたてば利用者の職業や年収が変わっている可能性もあります。

そのため更新のタイミングで再審査を行い、カードを利用するにふさわしいかを判断しているのです。

更新はいつなのか確認する方法は有効期限にあり!

カードによって記載されている位置や表記の仕方など多少異なることもありますが必ず券面に記載されています。

まず有効期限はクレジットカードの表面にある、有効期限の部分です。

赤く縁取られた部分で01/22 と記載されていれば、有効期限は2022年の1月31日まで使用が可能となっています。

このカードは「GOODTHRU」と記載されていますが、「VALIDTHRU」と記載されていることもあります。

意味は同じなのであまり気にしなくても大丈夫です。

家族カードにおいても、有効期限の期間は同じになってきます。

この期限が切れる前に新たなクレジットカードが自動的に届きますので、その際も有効期限は更新されています。

 

マミ
自動更新されるならあまり気にしなくても大丈夫ですね。
ユキト先生
いえいえ、実は自動更新されない場合もあるので有効期限はチェックしておく必要がありますよ。

クレジットカードの更新拒否をされないようにするためには

クレジットカードが更新されるか不安な方は今からでもカードの利用方法に気を使ってみましょう。

その方法をいくつかご紹介しましょう。

カードを定期的に利用しよう

クレジットカードをあまり使っていない場合にも更新拒否になる可能性があります。

そのため定期的に利用すること更新拒否を回避することができます。

お買い物などでもあまりクレジットカードをという方は電気代や水道代などの公共料金をクレジットカード決済にすれば毎月カードを利用することができます。

審査が不安な場合は個人信用情報を開示しましょう

更新時の審査が不安な場合はご自身の個人の信用情報を開示してみましょう。

個人信用情報を開示すると自分の情報を見ることができ、入金の情報や契約内容などを確認できます。

その際に「P」や「A」のマークがなければ更新時の審査に通過する可能性は高くなります。

個人信用情報はカード会社に連絡すれば簡単に確認することができるので不安な方は是非お試しください。

クレジットカードが更新できなかった!でもいますぐにカードを使いたい時

カードが更新されなかったけど今すぐにカードを利用したいときは、即日発行が可能なカードに申し込むかキャシングを利用するのがおすすめです。

カード会社によって発行にかかる時間は異なります。

クレジットカードの代わりになるものを利用する

クレジットカードの代わりになるものがあります。

それが

・プリペイドカード

・デビットカード

です。

それではそれぞれの特徴をお話していきましょう。

プリペイドカード

プリペイドカードは使う分をあらかじめチャージして利用するならマネパカードがおすすめです。

世界の210カ国で利用でき、複数の外国通貨を1枚で管理できる優れものです。

15際以上ならどなたでも申し込みができます。

使い方はクレジットカードと代わりなく利用できます

留学予定のある学生の方にとても人気のあるプリペイドカードとなっています。

国内で利用すると1%キャッシュバックされます。

またマネーパートナーズFX口座を開通している方はキャッシュバックが1.2%となっています。

国際ブランド MasterCard
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%~3.00%
入会条件 16歳以上で学生や主婦の方でも可
家族カード 取り扱いなし
ETCカード 550円(税込)
交換可能マイル ANAマイル
付帯保険
スマホ決済

マネパカードの申し込みはこちら

デビットカード

デビットカードは後払いのクレジットカードと違い、利用時に銀行口座から即時に利用額が引き落とされます。

支払いの延滞を疑われることがないので申し込みの審査が不要で喪中の方でもクレジットカードの代用品として持つことができます

もちろん銀行口座の残高以上の金額は使えませんが、VISAカードやJCBカードといった国際ブランドのカードが持てます。

デビットカード の中では楽天銀行デビットカード が使いやすいのでオススメです。

国際ブランド VISA / JCB / MasterCard
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%~3.00%
入会条件 16歳以上で学生や主婦の方でも可

楽天銀行に普通預金口座開設が必要(ビジネス口座は不可)

家族カード 取り扱いなし
ETCカード 550円(税込)
交換可能マイル ANAマイル
付帯保険 盗難保険
スマホ決済 Google Pay、楽天ペイ

楽天銀行デビッドカードの申し込みはこちら

まとめ

クレジットカードの更新は自動的に行われるものなので規定通り利用している方は特に気にすることはありませんが、かといって油断してもいけません。

当たり前のことですが支払日をきちんと守り利用規約に違反しないよう安全にクレジットカードを使うことを心がけましょう。

当サイトおすすめクレジットカードランキング

 

私自身3枚全て持っていて自信を持っておすすめできます!
どれも選んでもハズレがないクレジットカード

クレジットカード 1位JCB CARD W

2位 SPGカード


3位 楽天カード

年会費  永年無料 31,000円(税抜) 永年無料
国際ブランド JCB American Expres VISA、MasterCard、JCB、American Express
ポイント還元率 1%〜5.5% 100円=3ポイント(3ポイント=1マイル) 1%〜15%
電子マネー
特徴 国内・海外利用時はポイント2倍
(入会後3ヶ月間は4倍)!
更新時無料宿泊券GET!
ポイント永久不滅!
楽天で利用すると
3.0%の還元率!
公式サイト JCB CARD W
公式サイトはこちら
SPGカード
公式サイトはこちら
楽天カード
公式サイトはこちら

 

 

 

-基礎知識, 全ての記事

© 2022 クレジットカード攻略.com