全ての記事

クレジットカードを手放すか持ち続けるかで迷ってるあなた。これを見てから決断しましょう。

クレジットカードは今では当たり前の決済方法です。

現金主義の方でも「利用しないけどクレジットカードを持っている」方もいらっしゃると思いますが

「持っていても実際全く使用しないから解約したい」といった方も多くいます。

ですが、このままクレジットカードを本当に手放していいのでしょうか?

今回はクレジットカードの機能や使い方について細かく解説していますので

クレジットカードを手放すかどうかは、この記事を読んでみて決めてください。

クレジットカード、使っていないから解約したい

クレジットカードをいざ持ってみると、やっぱり使っていなかったり

使わないのに持っているのは逆に不便だという声も聞かれます。

ですがクレジットカードのことを不便に感じている方は、クレジットカードについてよく知らないという方が多いです。

今回は、クレジットカードの機能面について細かく説明していくので、是非参考にしてみてください。

クレジットカードの主な機能は?

クレジットカードにはキャッシュレスで支払いが可能なことは誰もが知っている機能ですが、

細かくどういった機能があるのかご存知ですか?

大まかにいうとクレジットカードの主な機能は6つあります。

<strong>クレジットカードの主な機能</strong>

・支払い機能

・ポイントを貯める

・保険が付帯している

・特典、優待がついていくる

・マイルを貯める

・空港ラウンジが利用できる

ユキト先生
この6つの機能について使い方など細かく説明していきたいと思います。

支払い機能について

クレジットカードで主に利用する機能としてはやはりクレジットカードで支払いを行うことだと思います。

利用した店頭でクレジットカード決済をすることはもちろんのこと、現在では様々な場面で決済を行えます。

<クレジットカード機能>

・店頭での買い物や飲食の支払い

・ネットショッピング

・公共料金の支払い

・携帯料金の支払い

・ガソリン代金の支払い

・定期券の購入

・電子マネーへのチャージ代金

このように様々なところでクレジットカード決済が導入されています。

ポイント機能について

クレジットカードを利用して貯まったポイントには様々な使い道があります。

そのポイントはマイルや様々な商品と交換できたりしてとてもお得です。

効率よくポイントを貯めるにはまずポイントに関する知識や仕組みを理解する必要があります。

Twitterでもこのように

クレジットカードのポイントがいつの間にか貯まってギフト券に交換したといった内容もありましたので、貯めて損はしないはずです。

しかしその使い道はカード会社によって異なりますがこちらでは代表的なポイントの使い道をご紹介いたします。

支払いに使う

店頭やネットショッピングでお買い物をする際の支払いにポイントを利用することができます。

こちらが最もわかりやすく一般的で多くの方が利用されている使い道の一つでしょう。

商品と交換する

食品や家具、家電など様々な商品をポイントと交換することができます。

ポイントを使うことによってお得に商品を手に入れられることもありますが、この場合商品の値段がわからないので、商品によってはポイントの価値以下のものもあるので損をしないように気をつけなければなりません。

商品券やギフトカードと交換する

ポイントの使い道が決まらなかったり、交換したい商品がなかった場合などは商品券やギフトカードに交換するのもいいでしょう。

その他にも東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークのチケットが用意してある場合もあります。

このように商品券なら様々な場所で利用できますし、プレゼントにも最適です。

提携店舗のポイントや電子マネーに移行する

クレジットカードで貯まったポイントは他社のポイント(TポイントやPontaポイントなど)に交換することができます。

また、ポイントを電子マネーにチャージすることもできるので、ポイントカードや電子マネーを頻繁に利用する方はこの方法でポイントを交換lしても良いと思います。

投資に充てる

クレジットカードで貯まったポイントを投資に使うこともできます

ポイントならば現金よりも気軽に投資に充てることができるので、ポイントが多くたまっていたり投資に関心がある方は挑戦してみてください。

いざという時に頼りになる保険

クレジットカード機能には保険が備わっているものが多く存在します。

クレジットカードには”付帯保険”というものがあります。

この付帯保険は海外旅行や国内旅行の際に適応される保険ですが、この保険には『自動付帯』と『利用付帯』というものがあります。

意外と知られていない内容なので、ここで自動付帯と利用付帯の違いを簡単に説明していきたいと思います。

自動付帯:クレジットカードを所有しているだけで自動的に適応される。

利用付帯:海外旅行の航空チケット、またはツアー料金などクレジットカードで支払った場合のみ適応される。

簡単に説明しましたが、自動付帯と利用付帯は理解しておかないと、いざという時に保険が適応されないといった事態になりかねませんので

注意しておく必要があります。

それでは一体どれだけの種類があるのでしょう。

クレジットカード保険の種類

・疾病、障害治療費保証

・賠償責任保険

・携行品損害保険救援者費用保険

・航空便遅延保険

・ショッピング保険

その保険の内容は様々なので、どういった保険があるのか把握することで自分にあったクレジットカードが見つかるかと思います。

また、それぞれについて簡単に説明していきたいと思います。https://www.cr.mufg.jp/mycard/knowledge/20022/

疾病、障害治療費保証

日本で国民皆保険の制度があるので病院にかかった際に保険適応されれば医療費は比較的安く済みます。

ですが海外ではそういった制度がないところも多く、けがや病気で治療を受けた場合の請求額は高額と言われています。

例えばアメリカでは救急車を呼ぶだけで12万円以上かかったり、病院での初診料が1万円以上、入院で個室を利用すると1日20万円以上する、といった内容です。

海外での旅行を全くしない方には不必要かもしれませんが、海外によく足を運ぶ方には傷害保険は必須のものだといえるでしょう。

この疾病・傷害治療費保証については、旅行中の傷害、死亡、後遺障害、けが、病気などといった治療が対象になります。

ですが治療については保証金額の上限が定められている場合があるので定められた規定をチェックする必要があります。

賠償責任保険

賠償責任保険とは言葉通り、事故を起こして他人にけがを負わせてしまうことや、他人の物を壊してしまったりした場合など他者へ賠償責任を補償するといった保険となります。

例えば自転車でけがを負わせてしまったり、買っている犬が散歩中に他者に噛み付いてしまったり、マンション居住中に蛇口を閉め忘れて下の階の居住スペースを水浸しにしてしまうなどといった日常生活で起きたことになります。

こういった事態は例え短い旅行であっても、普段通りに生活していてもいつ起こるかわかりません。

こういった賠償は海外では高額であることが予想されますので、この保険も保険金額は高く設定されていることが多いです。

携行品損害保険救援者費用保険

携行品損害保険救援者費用保険とはあまり聞きなれない名前ですが、内容としては

旅行先でけがをしたり病気で長期入院をした際、家族や知人が現地に駆けつける必要があった場合

こういった救援者に対して渡航費用や交通費を補償してくれるといった内容となっています。

他にも海に行ったり登山をして遭難した場合の創作救援の費用としても補償してくれます。

航空便遅延保険

航空便延滞保険は、飛行機の遅延などが原因で起きた場合の保証になります

宿泊費や食事代金、生活必需品の購入費用が保証対象になりますが、

内容は保険内容によって変わってくると思いますので注意が必要です。

ショッピング保険

ショッピング保険は、商品を購入してクレジットカードで支払った際、その商品が盗難や破損をしていた場合に保証してくれるといった内容になります。

注意すべき点として、”購入日から◯日まで”と期限が設けられていたり、対象外となる場合もあるので内容をしっかりチェックする必要があります。

特典、優待

クレジットカードを選ぶ際には優待特典の内容も決め手の一つになってきます。

その際に優待特典を比較するときのポイントなど詳しくご説明していきます。

優待特典の内容

クレジットカードの優待特典はブランドやカード会社によって異なります

ご自身に合ったものを探して良いクレジットカードライフを送りましょう。

割引優待

レストランやホテル、レジャー施設からスーパーやコンビニまで様々な割引優待が用意されています

通常よりも安い価格で利用することができるのでとてもお得です。

ポイントの還元率が上がる特典

特約店で特定のクレジットカードを利用するとポイントの還元率が優遇されるものもあります

クレジットカードのポイントを貯めたい方はポイントの還元率が高く、特約店が多いクレジットカードを選びましょう。

マイルについて

マイルとは航空会社が提供するプログラムのポイントのことで、マイルを貯めるにはマイレージ機能付きのクレジットカードを利用します。

普段のお買い物でもマイレージ機能付きのクレジットカードを利用することでマイルが貯まり、このマイルを貯めると航空券に交換できたり座席のグレードを上げたりと様々な使い道があります。

マイルを貯めるメリット

クレジットカードでマイルを貯めると様々なメリットがあります。

マイレージカードは航空会社と強い連携があるので、旅行好きな方は持っておいて損はないカードとなっております。

主にどのようなメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

飛行機のチケットがタダでもらえる

10万円以上もする航空券がマイルを使うことによりタダで貰うことができます

国内線なら片道5000マイルから、国際線は往復12000マイルから交換することができます。

ANAでしたら国内線は搭乗日の前日まで予約ができ変更も可能です。

国際線の場合は燃油サーチャージ代などが別途支払う必要があるので注意してください。

繁忙期などは交換に必要なマイルが多くなり予約がとりにくくなるので、マイルを使う際は繁忙期は避けて利用した方がお得です。

座席のレベルを上げる

マイルを使えば予約した座席のレベルを上げることができます

普段ならエコノミークラスのところをビジネスクラスやファーストクラスに変更ができ、いつもと違う体験をしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに座席の変更は正規の航空券のみで代理店が販売している格安航空券やツアーなどでは、マイルでの座席の変更はできないことがあるので注意しましょう。

電子マネーや商品に交換

一般のクレジットカード同様に貯めたマイルは、商品や電子マネーのチャージに利用できます

また、ホテルやレストランで使えるクーポン券などにも交換ができます。

電子マネーにチャージする場合JALならWAONに、ANAなら楽天Edyに交換することができます。

マイルを貯めるには

マイルを貯めるに方法は飛行機に乗る以外にも、様々な方法で貯めることができます。

普通にクレジットカードを使うだけではなく、賢くクレジットカードを利用すれば早く簡単にマイルを貯められます。

こちらではマイルを上手に貯める方法をご紹介いたします。

飛行機に乗る

マイルを貯めるのに一番手っ取り早い手段は飛行機に乗ることです。

例えば東京とニューヨークを往復した場合約13000マイルほど貯まります。

これだけでもう国内線ならマイルを使ってチケットをタダで交換することができます。

フライトが長距離になったり座席のグレードが上がるほど貯められるマイルは増えます

搭乗する飛行機によってJALかANAか貯められるマイルは変わってきます。

マイレージ機能付きのクレジットカードを作る際はどちらのマイルを貯めるのか決めてから申し込みをした方が良いですが、両方のマイルを貯めたい場合には2種類のカードを作りましょう。

普段のお買い物で貯める

日常生活の中での支払いをクレジットカードですることによって、少しずつでもマイルを貯めることができます。

クレジットカードによってマイルの積算率は変わってきます。

積算率がより高いクレジットカードを選ぶことでマイルもたまりやすくなるので、申し込みの際はその辺も気にしてみてください。

提携しているホテルを利用する

JALやANAと提携しているホテルは世界各地にあり旅行の際にも、宿泊先を提携しているホテルにすることによってさらにマイルを多く貯めることができます。

一泊して固定のマイルが貰えるホテルもあれば、金額によってもらえるマイルが変わるホテルもあります。

この方法なら一度の旅行でかなりのマイルが貯まり、次の旅行につながりやすくなりますね。

電子マネーを使って貯める

JALのマイルを貯めるならWAONカード、ANAのマイルなら楽天Edyを使うことによってマイルを貯められます。

コンビニなどでの支払いも現金ではなく電子マネーで支払うことによってマイルを賢く貯められます。

特約店や提携店舗を利用する

JALカード特約店やANAカードマイルプラス加盟店でクレジットカードを利用することで、通常の支払いよりも多くのマイルを得ることができます。

JALカード特約店は全国に約54000店あり、ゴルフ場や医療関係のお店など様々なお店が提携しています。

ANAカードマイルプラス加盟店でお買い物をすると、税込み200円につき1マイルを貯めることができます。

航空会社を経由して旅行プランを申し込む

旅行の際はJALやANAのサイトを経由して提携サイトで宿泊の予約をすると、予約サイトとマイルの両方が貰えてとてもお得です。

JALのサイトを経由して楽天トラベルで宿泊の予約をした場合50マイルが貰えます。

時期によりキャンペーンなどを行っていることもあり、その時はさらに多くのマイルが受け取れるはずです。

このような情報を見逃さないようにするのもマイルをより多く貯めるコツです。

空港ラウンジについて

 

クレジットカードの中には空港のラウンジが無料で利用できる特典が付帯した「空港ラウンジカード」と呼ばれるものがあります。

このカードを提示するだけで通常なら料金がかかるところを無料で利用することができ、出発までの時間を優雅に過ごすことができます。

カードによって使える空港は様々

ラウンジカードを提示してラウンジが無料で利用できる空港はそれぞれ異なります。

ご自身が頻繁に利用する空港があればその空港に対応しているクレジットカードを選びましょう。

同伴者も無料になるクレジットカードがある

ラウンジカードの中にはラウンジを利用する際に、同伴者も無料で利用できるカードがあります

このカードならば1枚持っているだけで家族や友人、恋人など複数の方とご旅行をする際でもスムーズにラウンジへエスコートができ、快適に過ごせることでしょう。

同伴者が無料になるラウンジカードの種類はあまり多くなく、申し込みの際にその部分も確認しておくことが大切です。

パートナーがいる方で旅行にたくさん行く方は、この同伴者が無料になるラウンジカードを選んでも良いと思います。

クレジットカードに付帯している保険を確認する

クレジットカードには旅行保険が付帯しているものも多くあり、この保険の内容もカードを選ぶ際の基準になります。

旅行保険には2種類あり、条件を満たすことで保険が適応されるものと、カードを持っているだけで自動的に保険が適応されるものの二つがあります。

おすすめするのは旅行保険が自動付帯するクレジットカードです

これなら旅行中に万が一のことがあっても補償金を確実に受け取ることができますし、旅行中も安心して楽しめることができると思います。

たくさん旅行に行く方は特にこの旅行保険の内容を重視してカードを選んでみても良いでしょう。

年会費無料ならこちらがおすすめ

総合的にもおすすめなクレジットカードを紹介していきます。

JCB CARD W /JCB CARD W plus L

年会費無料なのに高還元率の最強クレカ!

■ 国内・海外利用時はポイント2倍(入会後3ヶ月間は4倍)!

■ 海外旅行保険利用付帯(最高2000万円)!

■ 公共料金の支払い可能な種類最多!

■ インターネットショッピング不正利用の保証制度あり!

申し込み条件:18歳以上39歳以下(高校生不可)

このJCB  CARD W plus Lは39歳までの入会となっていますが、入会すれば39歳を超えても利用が可能となっています。

ポイントも高還元なところもおすすめの一つなんですが、ポイントが貯まると魅力ある商品と交換することができます!

JCBならではのディズニーパークチケットやホテル宿泊券に交換できたり

ダイソンの商品もラインアップされています!

他にも家電や食品、商品券などの交換が行えます。

その中で私が一番よく利用しているのはJCBギフト券です。

欲しい商品がなかったり、あったとしてもポイントにとどかなったりした場合

幅広く利用できるJCBギフトカードへの交換はかなりおすすめです。

そして女性であればおすすめしたいのがピンクバージョンのJCB  CARD W plus L

女性に向けてピンク色で可愛らしいデザインになっています。

内容も女性に嬉しい疾病保険や、「お守りリンダ」という保険がオプションでつけることが可能です。

保険の面でも充実していて、公共料金の支払いなども支払い可能な種類が幅広いです!

光熱費の全ての支払いはもちろんのこと、放送料金・国民年金保険や家賃も支払いが可能です。

支払いを1本化できますし、普通に生活するならJCB CARD W1枚のみあれば事足りてしまいます。

メインカードとして使えるかなり優秀なカードと言えるでしょう。

国際ブランド JCB
 

 

年会費

初年度 無料
翌年以降
家族カード
ETCカード
発行スピード 最短3営業日発行・約1週間でお届け
 

 

ポイント還元率


 

還元率

・基本還元率は1.0%(Oki Dokiポイント)

Oki Dokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍(還元率は10.5%)

マイル 0.6%(ANA・JAL)
JCBオリジナルシリーズパートナー 1.5%以上
マイレージ ANAマイル、JALマイル、デルタマイレージ
提供サービス

・他のポイント交換可能(楽天ポイント・nanaco・WAON・Tポイント・楽天Edyなど)

・ポイントをマイルに交換可  ・Apple Pay対応

特典 LINDAリーグ(女性向け優待)、お守りリンダ(保険)、JCBプラザ、空港免税店割引サービス、JCB空港優待ガイド、チケットJCB、ディズニー関連の特典など
旅行保険

海外 最高2,000万円(利用付帯)
国内 なし
保険(有料) 女性向け疾病保険(最低保険料290円)

「お守リンダ(月額30円〜)」女性疾病保険、天災限定傷害、犯罪被害補償、傷害入院保障

付帯保険・補償 JCBプラザコールセンター、JCB紛失・盗難海外サポート、ショッピングガード保険、J/Secureワンタイムパスワード、不正利用の保証、盗難された際の補償など

JCB CARD W /plus L公式サイトはこちら

楽天カード

楽天ユーザーなら絶対お得!とにかくポイントが貯まる圧倒的な人気を誇るクレカ

■楽天市場の買い物はポイント3倍!キャンペーンも含めると10倍以上の高還元

■年会費無料で海外旅行保険も利用付帯!

■ディズニーデザインやお買い物パンダデザインが選べる!

申し込み条件:高校生を除く18歳以上の学生の方

楽天カードはとにかくポイントが貯まりやすいと評判の人気のクレジットカードになっています。

基本的な還元率は1.0%と高い水準ですが、楽天市場での利用になると還元率は3.0%と大幅に上がります

国際ブランドも4ブランド選べて豊富で、審査も易しく主婦や学生、フリーターの方でも通りやすいと言われています。

貯まったポイントはANAマイルに交換することができます。

楽天スーパーポイントからANAマイルへ交換する
マイル還元率 0.5%
交換レート 楽天:2ポイント→ANA:1マイル
単位 2ポイント
交換上限(1日1回まで) 1日1,000ポイント、1ヶ月20,000ポイント
交換までの期間 約1週間

と上記のようなルールになります。

交換レートが0.5%ですが楽天スーパーポイントが6%の際には実質3%という高還元になり

マイルを貯めたい方にも嬉しい機能になります。

国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB、American Express
 

 

年会費

 

初年度 無料
翌年以降
家族カード
ETCカード 500円
発行スピード 最短3営業日で発行可能
 

 

ポイント還元率


 

還元率

楽天スーパーポイント:基本還元率1%
・SPU適用で最大15%還元
・楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど10%以上還元も可
マイル 0.5%(楽天スーパーポイント2ポイントをANAマイレージクラブの1マイルに交換が可能)
マイレージ ANAマイル
提供サービス

ポイントを他のポイントに交換可(楽天Edy)、ポイントをANAマイルに交換可、電子マネーチャージ可(nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA※楽天Edy以外はポイントが貯まりません)、電子マネー付帯(楽天Edy)、ポイントカード付帯(楽天ポイントカード)、Apple Pay対応

特典 楽天グループ優待サービス、楽天カードラウンジ
旅行保険

海外 最高2,000万円(利用付帯)
国内 なし
保険(有料)
付帯保険・補償 不正利用探知システム、本人認証サービス、ネット不正あんしん制度、商品未着あんしん制度、カード盗難保険

楽天カード公式サイトはこちら

ユキト先生
最後に年会費はかかってしまいますがその元が取れ、さらに付帯保険も高額のおすすめのクレジットカードを紹介します。

年会費の元が取れる最強カード!SPGアメックス

年会費の元が取れる!特典内容が充実しすぎている最強カード!

■毎年カード更新の際には無料宿泊券プレゼント!

■入会後3ヶ月以内10万円以上の利用で3万ptプレゼント!

■空港ラウンジ利用可で同伴者1名まで無料!

■ポイント高還元でマイルも貯まりやすい!

申し込み条件:満20歳以上で安定した収入のある方

SPGアメックスは見た目はえんじ色ですが中身はゴールドカードの階級になっています。

主にこの4大特典が受けられるクレジットカードになっています。

 

SPGアメックスは旅行によく行かれるかたや、出張が多い方におすすめできます。

貯めたポイントを無料で特典航空券に交換し、その旅先のホテルでVIP待遇を受けられることもできます。

デメリットとしては年会費が高い・・・ということでしょうか。

年会費が3万円越えですので、年会費で引っかかる部分があると思います。

正直紹介しようか迷いましたが、1年に一度無料宿泊券がついていて、2名までが1泊無料で泊まれますので

この特典内容が年会費の元が取れる内容になっています。

旅行好きの方には是非持ってて欲しい1枚です。

そうでない方でもポイントの有効期限はありませんので、ホテルを利用することがあった場合にポイントを利用して宿泊できますので持っていて損はないおすすめできる1枚になっています。

国際ブランド
American Expres
 

 

年会費

 

年間 31,000円(税抜)
家族カード 12,000円(税抜)
ETCカード 発行手数料850円(税抜) 年会費無料
発行スピード 1週間〜
 

 

ポイント還元率


 

還元率

100円=3ポイント
マイル 1%(3ポイント=1マイル)
マイレージ ANAマイル、JALマイル、マイレージプラス、エグゼクティブクラブ、スカイマイル
提供サービス

電子マネーチャージ可(おサイフケータイ、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA)、Apple Pay対応、スターポイントを航空券へ交換が可能、ブロードウェイチケットへの交換が可能、モーメンツバイSPG(会員専用のオークションサイト)利用可能、空港まで手荷物無料宅配サービス付き

特典 空港ラウンジ利用可(同伴1名まで無料)マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員付帯、毎年カード更新の際に無料宿泊券プレゼント、対象ホテル内のレストラン15%OFF、入会後3ヶ月以内10万円以上の利用で3万ポイントプレゼント、宿泊の部屋の(空室状況に応じ)無料アップグレード、レイトチェックアウト無料、ウェルカムギフト
旅行保険

海外 最高1億円(うち5,000万円は自動付帯、最高1000万円の家族特約付き)
国内 最高5,000万円(利用付帯、最高1000万円の家族特約付き)
保険(有料)
付帯保険・補償 海外旅行時航空便遅延費用補償、キャンセルプロテクション、ショッピングプロテクションなど

SPGアメックスの公式サイトはこちら

まとめ

クレジットカードには様々な機能がありますので

その内容を今一度落とし込んで見ると、解約か持ち続けるか決めることができるはずです。

一度解約してやっぱり必要だったと思って再審査をしても「この人は利用してくれる見込みがない」「信用できない」などと判断され落ちてしまう可能性もありますので、今一度よく考えて、決めてくださいね。

 

当サイトおすすめクレジットカードランキング

 

私自身3枚全て持っていて自信を持っておすすめできます!
どれも選んでもハズレがないクレジットカード

クレジットカード 1位JCB CARD W

2位 SPGカード


3位 楽天カード

年会費  永年無料 31,000円(税抜) 永年無料
国際ブランド JCB American Expres VISA、MasterCard、JCB、American Express
ポイント還元率 1%〜5.5% 100円=3ポイント(3ポイント=1マイル) 1%〜15%
電子マネー
特徴 国内・海外利用時はポイント2倍
(入会後3ヶ月間は4倍)!
更新時無料宿泊券GET!
ポイント永久不滅!
楽天で利用すると
3.0%の還元率!
公式サイト JCB CARD W
公式サイトはこちら
SPGカード
公式サイトはこちら
楽天カード
公式サイトはこちら

 

 

 

-全ての記事

© 2022 クレジットカード攻略.com